縮毛矯正でつくる内巻きボブ【2017年決定版】

縮毛矯正でつくる内巻きボブ【2017年決定版】

毛矯正の永遠のテーマ。

 

 

それは

 

曲げる

 

ということである。

 

 

どうしても、縮毛矯正につきまとうは負のイメージ。

 

毛先ストーン

根元ぺターン

という不自然な状況。。。

 

 

コレを払拭すべくして立ち上がるオトコ。

 

チダヨシヒロです←

 

 

最近だと曲げた縮毛矯正記事はこちらをお読み下さい。

↓↓↓

 

ここに曲げることについてはツラツラと書いてるんですが、、、

 

 

やはり、

 

ヘアスタイルには丸みは重要なんですよね。

 

 

というか

丸み無くしてヘアスタイルとして成り立たん

ぐらいの気持ちです。

 

 

何故丸みが必要不可欠なのか??

 

頭が丸いから。以上。

 


 

 

そう、頭は丸いのです。

 

頭の形は千差万別あるとして、必ず頭は丸い。

 

そして、その丸みを理解した上でないとカットできません。

 

 

コレは縮毛矯正も同じことが言えます。

 

 

やはり、誰でも柔らかい自然な丸みがあるストレートにしたいですもんね。

 

 

なので、僕はいかにしてクセも伸ばし、、、かつ自然なストレートにできるかに心身を注ぎ込んでます。

 

 

 

丸みこそヘアスタイルのイノチです。

 

 

 

丸みをつけた縮毛矯正やってきますよ

まず

カット後の写真を。

 

超剛毛

 

超多毛

 

ちょっと気を抜くと伸びなかったりしてしまうので要注意と僕の警笛がなる瞬間。

 

 

 

 

大きくうねる波状毛ですね。

 

 

この手のタイプは湿気にやられると広がってしまい、収集がつかなくなる方が多く日本人に最も多いくせ毛のタイプと言われています。

 

このくせ毛タイプですと縮毛矯正はかけずに活かすこともできるのですが、

 

今回のS様のように、毛髪が強く、量が多いと扱いずらくなってしまう可能性もありえますので、今回はボブベースでのカーブ縮毛矯正をチョイス。

 

 

 

薬剤はアルカリを選択しようかとも思ったのですが、、、、

 

 

僕自身

 

 

弱酸性の縮毛矯正のが得意!!!!

 

と思っているので、攻めの弱酸性で勝負させていただきました。

 

 

弱酸性の方が曲げやすいです。(個人的意見)

 

 

あと、今回の場合は頭の形が難しく、、、

 

ストーンとさせてしまうとスタイル的にも映えない!!!

 

 

 

ここでも大切なのは、、、

 

 

やはりアイロンワーク

 

僕は多少のカーブであれば、ストレートアイロンでカーブを作ります。

 

巷では細いカールアイロンを使用して曲げる技術もあるみたいですが、僕はボブぐらいのカーブであればストレートアイロンで十分かと感じております。

 

この感じ。

 

技術力第一です。

 

ここを無視しても曲がることなく毛先がビビッてしまう可能性もあり。

 

そして本当に曲げたいのであれば

 

デジパがオススメです。

 

条件を揃えてこその技術力だったりします。

 

 

 

その技術力が揃うとこの結果ですよ…!!!

こーんなに綺麗な内巻きボブの完成〜♪

 

もちろんただ乾かしただけです。

 

バーっとザーッとブラシ無し

 

変な小手先ハンドブローもなし☆

 

内側から綺麗に曲がってますね。

 

いい感じです◎

 

 

表面の艶も良き!!!!

 

 

 

 

見比べても別人にしか見えませんね♪

 

 

コレぞまさしく決定版の名にふさわしい出来ですね☆

 

 

 

 

曲げたい場合は

 

デジパってなんで曲がるのか??

って考えると曲げやすいかもですね。

 

僕はそんな感覚で仕事してます。

 

 

S様もウキウキで「サラサラ〜楽そう〜♪」と喜んで下さいました!

 

 

前回よりももっと上の技術で…!!!

 

上質なヘアスタイルは上質な髪質から!!

 

年内もご予約枠が僅かです。

 

新規様は年始の方をオススメさせていただいております◎

 

ご質問、ご予約はLINE@よりどうぞ!