年上の話しもいいけど、年下の話って面白い

年上の話しもいいけど、年下の話って面白い

 

4月にこんなお花見をして・・・

 

最高に楽しかったけど、半分以上覚えてないよ。

 

 

2年前に人生初バーベキューとしてみて・・・

 

 

 

気づいたことは・・・

 

 

あれ??

外でお酒飲むってこんなに楽しいの???

 

ってこと。

 

基本的に僕は死ぬほどに出不精です。

 

できることなら外出したくない。

休みの日はずーっと家にいたい。

ゲームして漫画読んで、寝てそんな休みを満喫したい。

そして、二連休のうち1日は子供とどっぷり遊ぶ。

 

そんなさえあれば・・・

 

と思っていたのにも関わらずだ

 

外で飲むビールはなんか美味い。

 

そんなこと思いながら、、、

 

 

酒全て支給して人を集めたった。

 

 

 

 

テント

酒を支給する主催者の僕。

 

有能感がすごい。

 

こんなシーンでUBER EATSのバックは有能である。

 

 

保温を効かせながら酒や食材をお届けできる大容量だからだ。

これはUBER EATSの説明会行けばもらえる(レンタルできる)

 

 

僕に原宿まで届けろとう猛者もいましたが。

 

とにかく、UBER EATSのバックは有能だから持っといて損はないっす。

 

 

そんなこんなで始まった葛西臨海公園de外で飲む

 

いきなり

おしゃれにじゃがりこでポテサラを作り出す男

渡辺 拓人【代官山の暗髪マン】

チダ
暗めのアッシュ染めるのが上手い。

が、染めてもらったことがないから真意はわからない。

でも、綺麗に染めてるなって思ってます。

 

代官山マンはやることが違う。

 

こんな葛西臨海公園でこんな洒落乙なものを作り出す

 

完全に「映え」を狙ってるのだ。

 

そのためなら暇もお金も惜しまないのが「代官山映えマン」

 

暗髪の要素がない??

チダ
知らん

 

 

 

で、、、

釣りをし始めた。

葛西臨海公園は海釣りも川も楽しめるスポット。

 

でも、

たまにお亡くなりになられたクロダイが浮いてたりする。

そんなところだ。

 

これを持ってきたのは・・・

 

もちろん

【代官山映えフィッシャーマン】

何から何まで狙ってやがる・・・

 

ちなみに釣った魚さばいて今日の夜のつまみにするって言ってましたが・・・

 

東京湾の魚を食べる気にはなりません。

 

当たり前ですが

釣れませんでした。

 

 

このタイミングで僕の元後輩がいたのですが・・・・

彼から重大発表を聞きましたが、

お酒が入っていたので覚えてません。

 

今でも仲良くやってます。

 

でも、彼は

「この後彼女と遊ぶんで」

と言って帰ったので、もう誘いません。

 

彼の彼女は僕に平気でタメ語で

「そのコンバースいいじゃん」とか言ってきたので仲良くなれないと思います。

 

 

 

そこからカラオケに行きましたが

代官山映えフィッシャーマンが氷室でブーストをかけてましたので

氷室代官山映えフィッシャーマンにします。

 

 

このカラオケの後彼はどこかに身を潜めてしまいましたが

 

残りの僕らは居酒屋に行きました。

そこで繰り広げられるは

真面目な仕事話です。

 

ちなみに彼

スーパーイケイケ20歳です。

 

若干20歳にしてそのカラーの知識量は半端なく・・・

 

イケメン。

 

自分の構築力も優れていて、

 

素晴らしいの一言。

 

チダ
そのまま行けば大丈夫。

とかしか言った記憶がありまへん。

 

なぜなら・・・

 

彼ら年下の方が僕ら世代よりはるかに優れていて賢いです。

 

その可能性を消すような年上の発言て正直言って彼らには必要ないと思うんですよね。

 

自由にやって自分でやって失敗してトライ&エラーの繰り返しこそが必要なんです。

 

で、

生半可に賢いものだから、目の前にないリアルじゃないものへの感覚が疎い。

いや、リアルとバーチャルの垣根がないというのが正しい。

 

だから、年上の人の話って全くリアルじゃないから通じない。

 

だから、実体験が大切で、

やってみーやと煽ることで可能性をバンバン切り開いたらいいのよー

なんて適当をこくのです。

 

でも、20歳の彼の意見はキラキラしてて面白かった。

 

いろんな可能性を秘めてるんだから解放したらええねん。

 

 

って僕がいうのは年下だけです。

 

基本同世代に関しては

 

手厳しい意見しか飛ばしません。

 

なんで、そんなブログやらインスタやら何やらと持続できるのか??

と聞かれましたが

 

なんで美容師なのに発信しないの??バカなの??

 

とかは普通に思います。

 

同世代には厳しいのです。

 

 

ここ最近、

専門を同期で卒業した同期生には

「すごい、よくできるね」

とか言われるけど

 

これが並で

これ以上にやらないと結果には繋がらないんですわ。

 

その危機感あんのか??

 

と本気で問う。

 

 

僕は子供が2人いるが

 

欲望に忠実だな

ってよく感じてるのです。

 

あれもしたい

これもしたい

そっちも欲しい

 

こんな色んなことに手を出せる子供のままでいれたら、どんなに面白いか??

 

なんで、大人になってブレーキかけてるのか???

 

 

時間は有限だけど本当にしたいことがあるなら

 

時間の概念も変えられる筈

 

と親になって思うのです。

 

 

 

 

 

 

なんて居酒屋で馬鹿話をしてたら

 

氷室代官山映えフィッシャーマンが帰還しました

 

が顔面蒼白でしたので

 

心中お察ししました。

 

 

たまにはこんな休日もいいっす。