ファイバープレックス&塩基性カラーで超絶さりげないインナーカラー

ファイバープレックス&塩基性カラーで超絶さりげないインナーカラー

ファイバープレックス&塩基性カラーハマってます。

 

 

ファイバープレックスって??塩基性カラーって??という方はまず、こちらの記事をどうぞ。

 

 

 

ファイバープレックス記事

 

 

塩基性カラー記事

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回はこのファイバープレックス&塩基性インナーカラーの超絶☆さりげないインナーカラーのご紹介を◎

 

 

 

 

今回インナーカラーにするのはここだ!!!

 

 

 

 

ヘムラインと呼ばれる襟足部分に入れていきます。

 

 

 

 

 

前回のこの記事の

インナーカラーはボブのサイドに入れてるので、インナーカラーの中ではわかりやすい位置のデザインカラーです。

 

 

が今回はさらにさりげない位置にデザインを♪

 

 

 

 

 

 

まずはデザインブリーチをしていきます。

 

 

 

が、その前にファイバープレックス1で前処理必須。

 

 

水4倍希釈3分放置ハーフドライこれ基本ですね。

 

 

 

ここでしっかりと前処理をしてるかしてないかだとアフターの質感に影響を及ぼす可能性大。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

うむ!しっかりと芯がある感じでOK。

ファイバープレックス1をしっかりと前処理しておくと、安心感半端ないです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ブリーチデーン☆

いい抜け感ですね。

 

これくらい抜ければ塩基性カラーの場合は大丈夫です。

 

 

やはり、塩基性カラーはブリーチとの相性抜群!!!

 

 

 

僕はここでファイバープレックスのみならず、

 

塩基性カラーとの相性を更によくするイオンコンプレックストリートメントを処置していきます。

 

 

 

このイオンコンプレックスは普通のサロントリートメントシステムとは違ったものになりますので、使い方次第では無限大です◎

 

僕は塩基性カラーのみならず

アルカリカラー、縮毛矯正、パーマとなんの技術にも組み合わせていきます。

 

この質感がうまくいくとブリーチをした、その後の経過も良好なものになります。

 

とても大切な処理剤(トリートメント剤)です。

 

 

 

 

上はブリーチの補色カラー

下は塩基性カラーです。

いつ見ても、塩基性カラーのルージュはケチャップにしか見えない。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

そして染まり上がり

 

 

綺麗なパープル☆

 

 

 

 

 

 

動画でも。

 

 

ものすごくさりげないですね。

 

 

このさりげなさがいい!!

と僕は豪語します。

 

 

 

 

あまり大っぴらにせず、、、

慎ましく、、、

 

 

でも、遊びを入れたい…!!!

 

そんな欲望。

 

誰にでもありますよね♪

 

そんな欲望を叶える、超絶☆さりげないインナーカラー

 

 

 

今回のゲスト様、、、、

 

実は、、、

 

 

 

こちらの方と同一人物です☆

 

 

美髪にしていきましょう!!

としてたものの、、

 

『やっぱり、遊びたいです!』

 

そんなお気持ちにお応えするべく、、、

 

今回のインナーカラー。

 

 

しかも、こちらのゲスト様

大人系のアパレルの販売の方なので、あまりガツンとはできない、、、

でも、何かしたい。

とのことでしたので、、、

 

 

この気持ちを汲み取らずして、美容師は務まらん!!!

と思い、全力でご提案させていただきました♪

 

 

最小限のリスクで最大限のパフォーマンスを◎

 

 

表面から見たら美髪

 

 

 

でも、内側に遊びとスパイスを☆

 

 

これもヘアデザインのひとつの形ですね!

 

 

 

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

 

 

 

ファイバープレックス、縮毛矯正、インナーカラーのご相談はLINE@よりどうぞ♪